音楽室コンサート&マリンバ・ドラム講座 その2

こんばんは

 

東京 国分寺で(最寄りは国立駅)で
マリンバ演奏や
マリンバ教室の講師をやってます
廣石絢子(ヒロイシアヤコ)です

今日は 先日 書きました
小学校での
音楽室コンサート&
マリンバ・ドラム講座 その1 の
続き

その2 として

音楽室コンサート&
マリンバ・ドラム講座で
伝えたいこと
感じたこと
感じてくれたこと を
中心に書いていきたいと思います

音楽室コンサートで
大事なことの1つ

「学校の音楽室にある楽器を使う」

ことです

ふだんから子供達が使ってる楽器を
使うことによって

「この楽器からは こんな音色が
出るんだー!」

「こんな風に演奏するんだー!」

など など

想像しやすいのでは
ないかと思います(^^)

そして 奏者としては
音楽室にある楽器を使って
より良い音色を
より良い演奏を
しなくてはいけません💪

———————————————-

コンサート後の体験コーナーでは
希望者の子供達に
マリンバ・ドラムセット  と
実際に体験してもらいます

子供たちからの感想文の中で
「自分で弾いた音色と
最初のコンサートで聴いた音色と違う!」

と 感じてくれた子が 結構いました

それは
違わないといけないところですが
ちゃんと伝わっていて
良かったなと思いました(^^)

打楽器とは
叩くと音がでます

ただ叩くだけでは
いけない(大事なこと)
ということも
感じてくれたり

学校にある楽器なので

マリンバ ・ドラムセット
演奏してみたいなー!
と思うことも多く
なるのではないかなとも
思っています
(そうなると いいな♪)

———————————————-

音楽室という 空間だと
子供達との距離も 近い分
いろんなことが
ダイレクトだったように
思いました

◎演奏を聴く 体験することで◎

感想文

あと 他にも

「音楽が苦手だったんですが
今回の音楽の時間で 少し 好きになりました」

「楽器って 音を鳴らすものでもあり
楽しむものなんだと思いました」

「最初のコンサート 感動と
片うでだけで
私達の両腕 5、6人×5倍くらいの
大きくて 深くて いい音が出ることに 鳥肌がたちました 軽い恐怖。。」←すごい表現👀

、、、私の衣装が
東海道新幹線カラーでおどろいた子がいました😂

などなど

まだ ごく1部の感想文なんですが
いろんなことを
思ってくれたんだなーと
嬉しかったです!
全員分送ってるくださるそうなので
とっても楽しみにしてます😃
(可愛い感想文用紙を 用意してくださったことにも 感謝です)

——————————————–

学校での公演は
大きな楽器を運んで 体育館で
コンサートという形も
賑やかで とても良いと思います(^^)
私も大好きな公演の1つです♪

「音楽室コンサート&講座・体験」
という形も

より 身近に

音楽を感じることのできるものの
1つではないかなと

改めて思いました

だからこそ
もっとたくさん この機会も
増やしていきたいなと思ってます!

気になった方は
ぜひ お問い合わせくださいね!

今回 お声かけくださった
先生方 本当にありがとうございました❗️

TAM TAM MUSIC
廣石絢子

topへ戻る