トライアングルの音色から〜マリンバレッスンにて〜

こんばんは

東京 国分寺で(最寄りは国立駅)で
マリンバ演奏や
マリンバ教室の講師をやってます
廣石絢子(ヒロイシアヤコ)です

小学3年生の生徒とお話ししてて
いいなー!と思ったことがありました

———————————————-

レッスン室にあるタンバリンを見て

 

👧「あ!タンバリンだー!」

私 「そうだよ〜♫タンバリン
やったことあるかな?
なかなか難しいんだよ〜」

👧「難しいの知ってるよ〜!」

私「お👀なんで 難しいと思ったの?

👧「みんな タンバリンや
トライアングルとか
簡単だと思ってるかもしれない
けど コンサート聴きに行ったら
小さなトライアングルから
キレイな音がすごく響いて
とっても
すごかったんだよー✨✨」

と。

———————————————

私が小学3年生の頃には
そんな風に思ったことはなかったかな、、と

トライアングルの音色って             何気なく聴いていて

タンバリン トライアングル など
簡単な方な楽器だな と
思っていました….(ゴメンナサイ😢)

オーケストラのコンサートを聴きに
行っても
ティンパニーかっこいい!!!!
みたいな感じで、、💦

中学 高校 と 吹奏楽部に入ってから
少しずつ小物楽器の難しさが
分かってきて
年齢重ねるごとに
小物楽器の一音の
緊張感や責任の重さが
身に染みてきました

なので  私の中では
その感覚を小学3年生で
持ってるの❗️と
すごい👀❗️思いました

そして  彼女の中で

「キレイな音を出すということは

簡単なことではない」

ということに結びついてる

なんだか嬉しかったんです!

 

ニコニコしてその話しを
してくれて
とても良いコンサートだったんだろうなー!と 思いました😊
打楽器奏者の方も  うまかったに違いない!!!

彼女と話してると
何気ない会話ですけど
その感覚いいな〜😃と思うことが
多々あります

なんだろう
そういう感性がどんどん
のびてほしいし

私も    音楽 マリンバ を 通じて
少しでも
のばせるようにしていきたいです♫

TAM TAM MUSIC
廣石絢子

topへ戻る